アロマについて
アロマ(Aroma)とは「芳香・良い香り」、テラピー(Therapy)とは「治療法」のこと。つまりアロ マテラピーとは「芳香療法」を意味します。アロマテラピーとは植物に含まれる芳香成分を心や体に作 用させ、心身の不調を癒し、健康維持に役立てる方法です。 

暮らしの中でのアロマテラピーの活用方法

芳香浴       ~お部屋の空気の殺菌・浄化、リラクゼーション

            

               ●ティッシュペーパーやハンカチに1~2滴落とします。

               ●ディフューザーやアロマランプでお部屋に香りを拡散させます。

                 ※アロマポット使用時は火の扱いに気をつけてください。 

吸入法            ~精油成分の吸入、気分転換、喉や鼻のケア、フェイシャルケア

 

                       【方法】

         熱湯に精油を落とし、立ち上がる香りの湯気を吸入します。

                        ●ボウルや洗面器:精油1~4滴、タオルを被ると効果的

                        ●マグカップ :精油1~2滴 【注意】※目を閉じて行う

                           ※NG⇒咳のでるとき、喘息のとき

アロマバス   ~精油の吸収、筋肉の弛緩、コリをほぐす、リラックス

 

           【方法】

                ●入浴 少しぬるめのお湯に精油を5滴以下。 最初は1~2滴から試しましょう。

           ●部分浴(手浴、足浴) 身体の末端が冷える人に。精油は3滴以下、 湯温を

            キープしたまま15分。

            ~下記のものを混ぜて入浴剤を作るものおすすめです~

            *天然塩(大さじ1)*クレイ(大さじ1)*重曹(大さじ2) 

​© 2016 Yoga & Ayurveda OMA