アロマについて
 アロマ(Aroma)とは「芳香・良い香り」、セラピー(Therapy)とは「治療法」のこと。つまりアロマセラピーとは「芳香療法」を意味します。アロマセラピーとは植物に含まれる芳香成分を心や体に作 用させ、心身の不調を癒し、健康維持に役立てる方法です。 

 

 人々の身近にあった植物は古代より治療や宗教的な行事などに取り入れられていました。今では科学的にその薬効なども解明されていますが、植物の力を昔のひとは経験的に知っていました。

 

 インドの伝統医療アーユルヴェーダでも治療や健康維持に役立てるために植物の力を活用しています。日本ではアヴィヤンガやシロダーラなどの薬草オイルマッサージがよく知られていますね。

 

 アロマテラピーもアーユルヴェーダ同様に植物の薬効を利用する点では共通しています。嗅覚から内面に働きかけるアロマテラピーの考え方と、アーユルヴェーダの考え方を取り入れたアーユルヴェーダ・アロアマテラピーの提案を行いたいと思います。

​© 2016 Yoga & Ayurveda OMA