アーユルヴェーダとは

5000年の歴史を持つといわれるインド発祥の『アーユルヴェーダ~AYURVEDA 』サンスクリット語の 『AYUR(生命)』『VEDA(科学・智慧)』という意味を持ち、科学的にも正しいとされている(WHOも認める)ホリスティックなアプローチの世界最古の医学体系です。また「人間の取り扱い説明書」とも呼ばれています。

 

ではアーユルヴェーダとはなんでしょう?

 

アーユルヴェーダで行われるのは『治療』『病気の予防』『個々に応じた健康法』 日本ではシロダーラ、アビヤンガなどの自然のものを使ったオイルマッサージやYOGAが有名です。

 

これらはアーユルヴェーダのほんの一部で、インド料理のスパイスやハーブの活用もまさにアーユルヴェーダであり、日常に密接した取り入れ方をしていくことができます。 アーユルヴェーダはひとりひとりの体質と今の身体と心の状態を捉え、「年齢」「季節」「1日の時間帯」などによる心身の変化に合った生活の仕方を教えてくれるものです。

 

現代医学(西洋医学)では病気でなければ健康という定義ですが、このごろは病気でなくても体調がよくない、心が不健康という人が増えてきています。 心に何か不安やストレスを抱えていると感情のバランスを崩してしまい、本当の健康とは言えない状態になってしまいます。

アーユルヴェーダの体における健康の定義とは

・消化力が健全であること

・身体の組織が正常に働くこと

・便、汗、尿がしっかり出ること

・五感が自然に働くこと

・トリドーシャのバランスがとれていること

 

これら五つが揃うことで

 

『身体・心・魂のバランスがしっかりとれた状態』

となり心身の健康を得ることができます。

 

心身の健康を得ることで

・社会生活がうまくいくようになる

・好きなことができるようになる

・充実した人生がおくることができる

 

これらが『本当の幸せ』なのだとアーユルヴェーダは説いています。

 

そして科学の進化や便利さが加速する現代社会において、自然と調和して生きていく本来の生命体として生きかたの重要さに気づくことができるでしょう。


 
 

アーユルヴェーダ講師プロフィール

尾股 あき子 Akiko Omata

 

Natural Healing Yoga & Ayurveda KRIYA主宰

ヨガ&アーユルヴェーダアドバイザー

 

4年間におよぶインド滞在にて数々のヒーリングテクニックを取得

アーユルヴェーダ医師ミナクシ・ジョン氏のもとアーユルヴェーダを学ぶ

 

IHRFヨガティーチャートレーニングコース修了

アーユルヴェーダ ベーシックコース修了

ナチュロパシー

ヨガ ディプロマ取得

メディテーション ティーチャー

レイキヒーリング マスター

シータヒーリング 基礎・応用コース修了

 

日本帰国後、目黒においてYOGAサークルYOGA+の講師を始め、

各地での講師の依頼にも赴き、アーユルヴェーダの普及に努めている

 

 

水内 佳子 Yoshiko Mizuuchi

 

Jiva Japan Ayurvedaアーユルヴェーダベーシックコース修了。

Jiva Japan Ayurvedaアーユルヴェディック健康カウンセラーコース修了。

Jiva Japan Ayurvedaアーユルヴェディック栄養学コース2016年6月修了。

 

3人の子どもがアレルギー体質であったため、家庭での毎日の食事の重要性に気づき、健康な心と体を育む毎日のご飯に子育ての重点を置く。

 

2011年夫の赴任に伴い3人の子を連れてインドに2年8ヶ月暮らす。

 

滞在中インドはあまり好きではなかったが、帰国後、古代インドで生まれた伝統医療アーユルヴェーダに興味を持ち、Jiva Japan Ayurvedaに通学。ヨガとアーユルヴェーダを日常に取り入れることにより、自身のアレルギー体質や慢性疲労、頭痛などの症状が改善し、毎日が気持ちよく幸せに暮らせるようになる。アーユルヴェーダの良さを伝えて一人でも多くの人に健康で幸せになって欲しいと願っている。

​© 2016 Yoga & Ayurveda OMA